top of page

1.2、ティール組織の定義と歴史


ティール組織は、現代組織運営に新しいパラダイムを提供する概念で、その定義と歴史は組織行動学において重要な位置を占めます。


ティール組織の理念は、2014年にフレデリック・ラルーによって初めて詳細に説明されたもので、彼の著書「Reinventing Organizations」にその源流があります。


ラルーは、異なる時代と文化を通じて組織の進化を探求し、ティール組織を最新かつ最も進化した組織の形態として提示しました。


ティール組織の基本的な定義は、自律性、全体性、進化的目的の三つの主要な原則に基づいています。


自律性は、メンバーが自らの判断で意思決定を行い、組織全体の方向性を共同で形成することを意味します。


全体性は、メンバーが自分自身の多面性を職場に持ち込み、個人としての完全な表現を促進することを指し、進化的目的は組織が常に変化し、環境に適応し続けることを強調します。


歴史的に見ると、ティール組織は従来の組織構造の限界に対する応答として出現しました。従来の階層的、機械的な組織モデルでは、迅速な変化や複雑な問題に柔軟に対応することが困難でした。


ティール組織は、このような環境下で生き残り、繁栄するために、よりダイナミックで、人間中心のアプローチを採用しています。


実際、ティール組織の概念は多くの現代企業によって採用されており、特にテクノロジー、革新的なスタートアップ、社会的企業などの分野で見られます。


これらの組織は、従来の管理と統制の方法を超え、より柔軟で創造的な働き方を促進することで、持続可能な成長とメンバーの満足度の向上を実現しています。


ティール組織の理念は、組織が直面する現代の挑戦に対する革新的な解決策を提供し、組織の未来を形作る上で重要な役割を果たしています。


自律性、全体性、進化的目的の原則に基づくこのアプローチは、より効果的で人間に焦点を当てた組織運営のモデルを提供し、今後も多くの組織に影響を与え続けるでしょう。

特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page